« ひとりのランチ | トップページ | アゲハ »

2006年7月13日 (木)

時間厳守

You must be punctual to succeed in business.・・・とかいう例文だったと思います。「不定詞」の用法として、
must, have to などと一緒に使うと「目的」ではなく「条件」になる。つまり、

「成功するために、時間を守らなければならない」 ではなく、
「成功するためには(成功したければ)時間を守らなければならない」という意味になろうかと思います。

今朝、美容院に行きました。本当は昨日行きたかったのですが、前もって電話で確かめたところ「込んでいる」とのこと。「じゃあ、明日、朝一で行きたいけど、何時から?」とたずねると「9時」の返事。

8時55分に店の駐車場に車で着き、待機しました。9時・・・9時5分・・・店の扉が開き、出てきたのは僕の髪を切ってくれる人の父親。「今起こしましたから、もう少し待ってください」・・・(やや間)「出直します」と僕。

僕はこの店には二度と行かない。最低。今、そのことを相手に伝えるべきか、黙って遠ざかるべきか迷っているところ。

|

« ひとりのランチ | トップページ | アゲハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりのランチ | トップページ | アゲハ »