« 初夕顔、見逃した! | トップページ | 24時間授業 »

2006年8月18日 (金)

智弁和歌山

智弁和歌山がすごいことになっています・・・と言うか、今年の高校野球はすごいです。

「“古豪”といわれているところが多く出場していて、おもしろそうだ」というようなことを以前書きましたが、本当におもしろい。

「優勝経験があるかないかは、それだけで『力の差』だということを聞いたことがあります。「優勝の喜びを知っている者は、追いつめられたときに、その喜びの大きさを知っているために、最後の一踏ん張りができる」のだそうです。なるほど、それがそのチームの「底力」となるのでしょうか。

それにしても智弁和歌山。僕が優勝候補として賭けた今治西は負けてしまいましたが、賭の相手は智弁和歌山に賭けているのです。昨日はさすがにだめかと思いましたが、やってくれますねえ。凄すぎます。優勝経験のある帝京に対して、最終回に逆転されて4点差をつけられながら5点取ってサヨナラですから、本物かもしれません。

賭に負けるのは悔しいですが、こんな凄い試合を、それも、賭のスリルとともに見せてもらえるのなら惜しくありません。あとは「横綱相撲」の早稲田実業(妻の予想)、智弁和歌山と同じような戦いをしている「王者」駒大苫小牧(次女の予想)の戦いが楽しみです。

高校野球って、本当にいい!

|

« 初夕顔、見逃した! | トップページ | 24時間授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夕顔、見逃した! | トップページ | 24時間授業 »