« 魚は美味い! | トップページ | ドタキャン »

2006年8月21日 (月)

早稲田実業

高校野球の優勝校を当てるという「賭け」は結局どちらもあたらず、決勝戦の結果を当てる、まるで「丁・半」みたいな賭けになってしまいました。僕は優勝経験のある駒大苫小牧に賭けました。結果は・・・ご存じの通り。

今回の大会は本当に面白かった。でも、その面白さは「打撃戦」「逆転に次ぐ逆転」によるものだったのだと思います。ちょっと気になります。裏を返せば、「打高投低」ということになり、「投手受難」ということになるのだと思います。

今大会を見終えての不満。なぜ今「金属バット」なのか?なぜ決勝戦の再試合が“翌日”と決まっているのか?それぞれにちゃんと理由はあるのだろうけれど、納得できません。

そんな中での早実の斎藤投手。予選から決勝まで「一人ですべてのアウトを取った」・・・すごい!「バックを信じて、すべての部員を信じて、マウンドを守りました」というコメント、しびれました。駒苫もかっこよかったです!

|

« 魚は美味い! | トップページ | ドタキャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚は美味い! | トップページ | ドタキャン »