« 千秀小学校パソコンクラブ | トップページ | 今週の花 »

2008年10月27日 (月)

特定健康診査

40歳以上の横浜市国民健康保険加入者を対象とした健康診断にいってきました。自慢じゃありませんが(本当に自慢できない)、毎日たくさんお酒を飲む僕にとっては、場合によっては「死刑宣告」を覚悟しなければなりません。でも、知らないうちに病が進むよりはマシだと思いますから、年に一度のこの検査はなるべく受けたいと思っています。(前回から4年もあいてしまいましたが)

前日の飲食は夜9時まででストップしなければなりません。そうなると、空手の練習の翌日の月曜日しか考えられません。日曜日の夜は、空手の疲れがあって、9時頃にはだいたい眠くなってしまいますから。他の曜日だと、夜10時まで仕事をしていますから、その後の晩酌を我慢することは、今の僕には不可能に近いことなのです。

当日の朝は、一切飲み食いできません。7時過ぎに布団から出て、洗顔だけ済ませ、8時に地元の小雀医院に向かいます。ここにはもう30年近くお世話になっていて、看護婦さん、薬剤師さん、先生も顔ぶれはほとんど変わりません。みんな初めて会った時から30才近く年をとったことになります。あまり変わらない人、劇的に変わった人、いろいろです。初めてあった頃まだ独身で可愛らしかった薬剤師さん、今日、老眼鏡かけていました。(人のことは言えませんが・・・)

血圧を計り、尿をとり、血液を採りました。これらは検査機関に送られるのでしょう。胸部のレントゲン、心臓とお腹の超音波の検査、バリウムを飲んで胃のレントゲン。

基本料金(胸部レントゲンまで)は1200円ですが、それにオプション(超音波と胃のレントゲン)が9000円ほどかかりました。まあ、ついでですから、しっかり診ていただきます。「おやじがガンになりましたから、僕にもガンの遺伝子があるかもしれません。見つけて下さいね」とお願いしてきました。

後日結果とともに先生との面談です。楽しみなような、怖いような。

|

« 千秀小学校パソコンクラブ | トップページ | 今週の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千秀小学校パソコンクラブ | トップページ | 今週の花 »