« 夜の首都高 | トップページ | I.T.くんとのプチ・ドライブ »

2008年12月19日 (金)

初体験…痛くなくてよかった!

インフルエンザの「流行宣言」のようなものが出されたと聞きました。嬉しくないですね。同時に、いろいろな「風邪予防」の方法もあちこちで目にするようになりました。これはいいことです。

「手洗い」「うがい」は基本の「き」です。僕も外出から帰ったとき、授業の合間
には必ずしています。

他に、口の中をいつも湿った状態にするために、「ガムを噛む」「飴をなめる」というのはとても有効なのだそうです。そこでさかい塾では「教室で飴をなめてもいい」事にしました。ただし、「砂糖のたくさん入ったものは避ける」「わざわざ飴を買ってもらうのはダメ」としました。「ガムはちょっと下品なのでダメ」とも。

さらに「鼻うがい」もいいと聞きました。これが今回の「初体験」です。鼻から液体を入れるわけですから、何だか痛そうです。手に水をすくって鼻から吸い込もうとしましたが、とても踏み切れません。

薬局に行くと「痛くない鼻うがい」というのがあり、即購入しました。20ミリリットルの液体(薬)を専用の容器に入れ、それを鼻の穴に差し込みます。「アー」と声を出しながら容器を指でつまんで鼻の中に液体を流し込みます。だんだん鼻や口から液体が溢れてきます。とても人には見せられない姿です。左右交互に液体がなくなるまで行います。

痛くない!1回ぐらいでは効果は不明ですが、1本使い切ったあたりでまた報告します。

|

« 夜の首都高 | トップページ | I.T.くんとのプチ・ドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の首都高 | トップページ | I.T.くんとのプチ・ドライブ »