« 新型インフルエンザ | トップページ | 新江ノ島水族館 »

2009年10月28日 (水)

稲村ヶ崎〜歴史のお勉強

妻が、「一つずつ包装されたマスクがほしい」というので、以前購入したことのある藤沢のイトーヨーカドーに行きました。あんまり天気がよかったので、リュックを背負って自転車で行きました。

目指すものは買えなかったのですが、行ったついでに、柔らかいポケットティッシュと、アルコール殺菌するウエットティッシュの詰め替えを買いました。それだけで帰るのも何なので、遠回りして海沿いの道を走ることにしました。

世の中の人々が働いている時間にのんびりサイクリングというのも気が引けるので、何かテーマを探しながら走りました。

R0011129「海辺に一人いるあの女性は何をしているんだろう?」なんてことはテーマになりません。何を考えても、考えなくても、サイクリングは楽しいものです。

R0011131江ノ電を写真に撮ったりもしました。この場所、なかなかいい感じです。



もう少し先に行くと、「稲村ヶ崎」に出ることを思い出しました。ここは、鎌倉幕府が最終的に滅びることになった、新田義貞の「鎌倉攻め」のクライマックスを飾るところです。

Img726
石ノ森章太郎『マンガ日本の歴史』で描かれた稲村ヶ崎。



R0011219これは今日の稲村ヶ崎です。


R0011134大正時代に建立された、新田義貞が“上陸”したことを説明した碑です。

1333年、干潮を利用してここから上陸し、鎌倉を攻める。「太刀を海に投げ入れると、潮が引いたて道ができた」という伝説が記されています。

R0011290あまりよく見えませんが、黒っぽい水鳥が管の上にずらーっと止まって日向ぼっこしていました。

またまた暇人の記録でした。

|

« 新型インフルエンザ | トップページ | 新江ノ島水族館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型インフルエンザ | トップページ | 新江ノ島水族館 »