« こんな偶然って! | トップページ | 横浜市立千秀小学校入学式 »

2010年3月27日 (土)

「べにふうき」…藁にすがる思い…。

Img727お隣のKさん(特に奥さん)は、長年ひどい花粉症に悩まされていました。季節になると、いつも目をかわいそうなくらい腫らしていたものです。

今年の花粉は「例年の○割」とか、いつもよりそれほどひどくないという話です。実際、妻は「全然平気」と、マスクもせずに歩いています。

僕にとっては、今年の花粉が「ぴったり一致」してしまったようで、これまでにないほどひどい状態です。マスクは離せませんし、ひどい日は、朝と夕方に薬を飲まなければならず、喉はネバネバ、眠いし、だるいし、不機嫌になってしまいます。

今日は久しぶりの晴天です。それでも僕は怖くて布団を干せません。ところが、お隣のKさんは布団を干しています。そういえば、最近マスクもしていない様子です。

たまたま玄関先で顔を合わせましたから、「花粉症、直ったんですか?」と訊いてみました。待っていましたとばかり、「いいこと教えてあげる!」・・・

「いいこと」というのがこの「べにふうき」です。抹茶のような粉末で、小さじ4分の1ぐらい(0.5グラムほど)をお湯に溶いて飲みます。Kさんは「家中、孫までぴたっと直った」そうなのです。この手の話は何割か差し引いて聞いた方がいいですが、まあ、他に手だてもありませんから、しばらく「藁にすがって」みます。

20グラムで800円です。結構いい値段ですが、直れば安いものです。

|

« こんな偶然って! | トップページ | 横浜市立千秀小学校入学式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな偶然って! | トップページ | 横浜市立千秀小学校入学式 »