« 久しぶりのきれいな空 | トップページ | 古い奴だと・・・ »

2010年3月 8日 (月)

最近の・・・。

「・・・」のところには年代を表す言葉が入ります。一番多いのは「最近の若者は・・・」でしょうか。さんざん言われました。まあ、納得できることもありましたが、多くは「若者だから」ではなく「馬鹿者だから」であることが理由だったと思います。

時々、警察官や先生が不祥事を起こし、新聞やニュースで取り上げられることがあります。なんだか、警察官全部が悪いような、先生はみんないけないことをしそうな、そんな取り上げられ方をすることもあります。

「先生というのは、勉強、勉強、受験、受験とやってきて、社会に出ても子供とばかり交わっているから社会を知らない」というような言われ方をすることがあります。僕も「先生」の端くれに身を置くものとして怒ったり、考えさせられたりします。でもやっぱり、何かいけないことをしてしまうのは「馬鹿者だから」ということかなという結論になるのです。

今日、大船の接骨院に行くために細い道を歩いていました。その道は車がすれ違えないほど細い道です。でも道の両側には狭いながら歩道が設けられています。

そこに、横に「鎌倉市」と書かれた小型のトラック(ナンバーは458*:最後の一桁は伏せておきます)が通りかかりました。おそらく道の左側のお店から出たごみを集めるためでしょう、車を左に寄せました。その時たまたま歩道を一人の女性が歩いていました。

トラックはその女性の前方で歩道に乗り上げて止まりました。女性はトラックを避けて車道を歩くことになりました。どうってことないことかもしれません。でも僕には見過ごせませんでした。運転手さんが出てくると抗議しました。

「歩いている人いるのに歩道に上がったら、人が歩けないじゃないですか!」

「そんな事言ったって狭くて・・・」「そういうことじゃなくて、歩道を歩いている人が・・・」

言い終わらないうちに助手席の人が頭を下げました。「申し訳ありません」・・・それを見た運転手さん、「ああ、すいません!」・・・だって。

情けない。若者だけでなく、大人の中にもこういう「馬鹿者」が増殖しているようです。自戒を込めて。

|

« 久しぶりのきれいな空 | トップページ | 古い奴だと・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのきれいな空 | トップページ | 古い奴だと・・・ »