« 自炊! | トップページ | 裁断機 »

2010年11月17日 (水)

土鍋でご飯

今日も一人のお昼です。何を食べてもいいのですが、朝のテレビ番組で「おいしい卵かけごはんの作り方」をやっていたので、試してみることにしました。

Img_0361 まず、冷蔵庫から卵を出して、手で温めます。これを30分! こんなことしてられませんから、他のことをしている時は胸のポケットに入れておきました。

せっかく「おいしい卵かけごはん」ですから、卵だけでなく、ご飯にも一工夫することにしました。土鍋で炊くことにしました。

ネットで調べたところ、手順はこんな感じでした。

1.米と同量か、やや多めの水で、30分ほど水につけておく。

2.沸騰するまで強火で、そのあと弱火で5分。

3.火を止めて20分そのまま置く。

4.3分ほど強火で加熱し、“おこげ”をつくる。

そしてこんな食卓になりました。

Img_0362 水加減と火加減が不十分だったようで、「ふっくら」とはいきませんでしたが、炊き立てのご飯で「卵かけ」は、最強の組み合わせです。

冷蔵庫から出してすぐの「卵かけ」と、体温まで温めての「卵かけ」は、今日ははっきりとその違いは感じられなかったけれど(どちらも美味しいので)、次回また、ご飯がふっくら炊けたときに試してみたいと思います。

ついでの情報ですが、「ゆで卵」は、産んだばかりの新鮮な卵よりも、何日か置いた卵の方が、殻をむくのが簡単なのだそうです。理由もちゃんとあって、僕は理解できましたが、説明するのが面倒なので省きます。知りたい人は個人的に聞いてください。

Img_0126 昨日の空です。

|

« 自炊! | トップページ | 裁断機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自炊! | トップページ | 裁断機 »