« 東北関東大震災 | トップページ | 突然の停電 »

2011年3月15日 (火)

ガソリンスタンド

偶然、地震の発生する日の午前中に、車のガソリンは満タンにしてありました。無駄遣いしなければ1週間は大丈夫と思われます。

「ガソリンスタンドに長蛇の列」「ガソリンが売りきれ」などと報道されています。あちこちで鉄道が不通になり、頼るのは車だけということでしょうか。

ずっと自宅でテレビばかり見ているので、気分転換に、あまり差し迫ってはいないけれど、支払をするために車で家を出ました。もしできれば灯油を買いたいとも思いました。

報道で、「備蓄の石油を放出」とありましたので、少し(買えることを)期待していました。

まず、普段はあまり利用しない、いつも空いているセルフのスタンドに行きました。

「ガソリン売り切れのため、閉店」の看板がありました。

次に、店員さんのいるスタンドに向かいました。ここは遠くからわかるほどの長い行列ができていました。差し迫った必要はありませんので通り過ぎました。

「無駄遣いできない」の思いを強くし、支払いもやめて家に戻りました。

「計画停電」の心配はありますが、まあ、何時間か電気が使えないだけですから、冷静に対処したいと思います。

|

« 東北関東大震災 | トップページ | 突然の停電 »