« 元町 Pt.Vicente | トップページ | 横浜市立千秀小学校「千秀まつり」 »

2011年9月 1日 (木)

9月1日

子どもの頃、「9月1日」というのは“大問題”の日でした。長い夏休みが終わって久しぶりに学校へ行く日でした。仲のいい友達とは毎日遊んでいたので、別に学校へ行かなくても、いや、早く学校へ行きたかった・・・本当のところ、どう思っていたんだろう? 思い出せません。

「学校が壊れてしまえばいい」と思ったことはあります。

宿題のなかに「日誌」というのがあって、それは1日1ページぐらいの割合で計算や漢字の書き取りなんかがありました。そういうのは7月中に大体終わらせていたと思います。(遠い昔の記憶なので、ちょっと?)

「読書感想文」や「自由研究」「絵」「工作」なんていう大物は、夏休みが残り3日ぐらいになった8月28日ごろに、「そろそろ始めなきゃ」と思ったものでした。

その8月28日が、地元の小学校の夏休み最後の日なのだそうです。ここ数年のことです。「宿題できないじゃない!」なんていう心配はありませんね、もう3日早く始めればいいので。

でも、「9月1日に2学期が始まる」というのは、「夏の風物詩」のようなものだと思うけど。

8月28日に学校始めて、お昼前に帰って来る日が3日も続くんですよ。だったら・・・って思うのは僕だけではないと思うんだけど。

誰が決めるんだろう。校長先生?

9月1日は「防災の日」でもあります。あの「3月11日」の教訓はまだまだ生きていません。やっとペットボトル20本の水を備蓄しただけです。美味しくて長持ちする食料、料理するためのガスボンベ、簡易トイレも必要だなあ。

口だけじゃだめです。

|

« 元町 Pt.Vicente | トップページ | 横浜市立千秀小学校「千秀まつり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元町 Pt.Vicente | トップページ | 横浜市立千秀小学校「千秀まつり」 »