« 地元の銘菓 | トップページ | 桜の花 »

2012年3月17日 (土)

千秀小学校卒業式

地元の千秀小学校で卒業式が行われ、「来賓」としてお招きいただきました。

かつてはPTA役員として、「来賓祝辞」も行ったことがあります。ここ10年ほど「パソコンクラブ」のお手伝いをしていて、「地域ボランティア」という肩書(?)で出席させていただいています。

僕の塾に来ている子が、学校で全く違った表情を見せるのが興味深く、また、“嫉妬”のような感情を持つこともあり、不思議な感覚です。

__
「桜湯」というんでしょうか。とても日本的で風情があります。この日以外にはまずいただくことはできません。

卒業式は(いつもながら)とても感動的で、思わずウルウルしてしまいました。

ハプニング(?)としては、祝辞を述べるPTA会長さんが、初めから終わりまで泣きっぱなしだったこと。この方、卒業生にお子さんはいないと思うのですが・・・。それだけみんなに寄り添った活動をされていたのでしょう。

もう一つ、在校生の中に「号泣」する子がたくさんいたこと。式の後半になると、あちこちからすすり泣きが聞こえるのですが、今日のは、すすり泣きを通り越して、声を上げて大号泣でした。

しかも、卒業生が退場した後もそれがやまなかった!思わず笑ってしまいました。

「呼びかけ」も定番ですね。僕の時は、「うららかな春の日差し」「僕たちはお母さんに手を引かれ・・・」という感じでした。

これも、卒業生から在校生へ、卒業生から先生へ、卒業生から地域に人たちへ、卒業生から保護者へ、在校生から卒業生へ、さらに、先生から卒業生へ、さらに歌も!

みなさん、ご卒業おめでとうございました。

|

« 地元の銘菓 | トップページ | 桜の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元の銘菓 | トップページ | 桜の花 »