« 井上陽水「魔力」&「テレホン人生相談」 | トップページ | そりゃ、ないよ! »

2012年7月10日 (火)

辻井伸行『展覧会の絵』

『展覧会の絵』は、出だしの単音のピアノのメロディーが有名ですが、その他の部分は聴いたことがありませんでした。TUTAYAでたまたま辻井伸行さん演奏のCDを見つけてきました。

ただ、走るときのBGMとしては、合わない。

昨日、今日と真夏を思わせる日差しです。「今日あたりから、走るのは夜にしようか」などと、「今走らないため」の言い訳を考えたりしていました。「夜は夜で、きついなあ」などとも。

そんな心のうちとは裏腹に、気がつくとトレーニングウエアに着替えていました。これはこれで恐い?

「行くしかない」となり、自転車で地元の柏尾川河畔に出かけました。遊歩道の入り口に自転車を止め、ゆっくり走りだしました。それでも2か月前と比べれば、そこそこ軽快な走りになった気がします。

戸塚駅近くの往路のゴール近くになり、突然「熱中症」という言葉が頭をよぎりました。これまでとは明らかに違う汗のかき方でした。全身から汗が“噴き出す”イメージです。

コースを外れ、自販機を探します。「アクエリアス・ゼロ」を購入し、一息。「帰りは歩こう」という“悪魔のささやき”も聞こえます。一方で、「せっかく出てきたんだから、歩いちゃ、もったいない」というもう一つの声も聞こえます。

何とか鞭打って、“もう一つの声”の方に従いました。

最後は少しだけ「ダッシュのようなもの」もやってみたりして。

ラン6キロと少し、バイクは2キロくらい。合計で1時間ほどでした。

|

« 井上陽水「魔力」&「テレホン人生相談」 | トップページ | そりゃ、ないよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上陽水「魔力」&「テレホン人生相談」 | トップページ | そりゃ、ないよ! »