« 「Deep Purple 30 Very Best」 | トップページ | ちょっと思うこと »

2013年8月23日 (金)

たまには書いておこう。

間もなく(学校の)夏休みが終わります。普段小中学生は夕方近くまで学校にいますから、僕の仕事はその後ということになります。だいたい午後4時から10時が僕の労働時間です。

せっかく夏休みでみんな一日中家にいるので、「希望者には時間外も授業をする」と呼び掛けたところ、何人かがこれを希望してくれました。それによって、毎日朝10時から授業をすることになりました。授業を多くすればそれだけ収入にもなるわけですから、ありがたい限りです。

朝10時から夜の10時までの12時間のうち、ほぼ11時間授業をしました。授業というのは僕が喋るのと生徒が問題をやるのが半々として、5~6時間喋ることになります。

炎天下でお仕事をされている方々からすれば「ヘ」のようなものですが・・・実際「へ」のようなものですね。

授業をすることは、僕にとっては全く苦痛ではありません。始まったと思ったら、あっという間に終わるという心境です。これもありがたいことだと思います。大部分の生徒が「できるようになりたい」という顔をして授業を受けてくれますから、何とかしてそれに応えようとしてると、あっという間に時間が経ってしまいます。本当に恵まれていると思います。

それでも普通に社会生活を送っていると、理不尽と思えるメにも遭います。そんな時はお酒も美味しくないし、体調もおかしくなってしまいます。落ち込むこともあります。「(心の)病気かな?」と思うこともあります。

でもいいんです。僕にはそれを乗り越えるためのいろいろな方法があります。お酒を飲むことだけじゃありません。

娘が一緒に旅行に行ってくれます。今回は、東北地方で、地元の人しか訪れないような「公衆浴場」をみつけて、「源泉かけ流し」のお湯を楽しむことができました。その地域の名物も堪能することができました。

空手の練習で、無心に汗を流すことができます。50歳をいくつも過ぎた僕を、本気で叱って下さる先生がいます。ミリ単位で成長する自分を感じることができます。

生徒が毎日授業に来てくれます。めったに褒められることはないけれど、それでも必死に食らいついて来てくれます。

それでいいんです。

|

« 「Deep Purple 30 Very Best」 | トップページ | ちょっと思うこと »