2011年3月15日 (火)

突然の停電

計画停電は夕方からの予定でした。
それが13時前、突然停電しました。

節電に精一杯協力していますし、我慢もしますから、せめて「計画」にそってお願いします。

文句はいいません。お願いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガソリンスタンド

偶然、地震の発生する日の午前中に、車のガソリンは満タンにしてありました。無駄遣いしなければ1週間は大丈夫と思われます。

「ガソリンスタンドに長蛇の列」「ガソリンが売りきれ」などと報道されています。あちこちで鉄道が不通になり、頼るのは車だけということでしょうか。

ずっと自宅でテレビばかり見ているので、気分転換に、あまり差し迫ってはいないけれど、支払をするために車で家を出ました。もしできれば灯油を買いたいとも思いました。

報道で、「備蓄の石油を放出」とありましたので、少し(買えることを)期待していました。

まず、普段はあまり利用しない、いつも空いているセルフのスタンドに行きました。

「ガソリン売り切れのため、閉店」の看板がありました。

次に、店員さんのいるスタンドに向かいました。ここは遠くからわかるほどの長い行列ができていました。差し迫った必要はありませんので通り過ぎました。

「無駄遣いできない」の思いを強くし、支払いもやめて家に戻りました。

「計画停電」の心配はありますが、まあ、何時間か電気が使えないだけですから、冷静に対処したいと思います。

|

東北関東大震災

東北地方を始め、各地で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

我が家のある横浜市戸塚区小雀町でも大きく揺れました。

その時は、間もなく来るはずの生徒を待って2階にある教室にいました。パソコンに向かっていると、ユサ、ユサという感じで揺れ始めました。それほど珍しいことでもないので、ゆったりと構え、揺れが終わるのを待ちました。

それでもなかなか揺れは収まりません。そればかりか、未経験の揺れが始まりました。すぐに(ストーブを消すのも忘れて)隣の部屋の頑丈なテーブルの下にもぐりました。

「ストーブ消さないと!」と思いましたが、動けません。棚から本が落ち始めます。揺れは増すばかりで「このまま倒れてしまうのか」とも思ってしまいました。

いったん揺れがおさまり、すぐにストーブの所に行きましたが、すでにその時には停電していました。不幸中の幸いでした。

その後何度か、「テーブルのもぐるほどの」揺れが襲いましたが、幸いなことに、棚からいくつかものが落ちたぐらいですみました。

停電は夜9時ごろまで続きましたが、水道とガスは大丈夫でしたので、夕飯も食べらられましたし、熱いお茶も飲めました。

ろうそく、懐中電灯、ラジオ、乾電池などの備えはありました。日ごろから、カップめんなどの買い置きもあります。おかげで何かを買いに走るというような必要もなく済みました。ありがたいことでした。

しかしながら、水、缶詰などの備えも十分にしなければと思った次第です。

|

2007年8月18日 (土)

危機管理

昨日の夜、8時前だったでしょうか。にわかに雷が連続で光り、そのうちに大粒の雨が降り始めました。

「そういえば、先月もこんな感じで停電したんだよね」と生徒と話していました。

すると、“バチッ”と火花が散ったように見えました。そして、停電。

教室で停電が起こったときのために、準備はしてありました。結婚式の「メモリアルキャンドル」で使った大きなろうそく。1〜25まで目盛りがしてあって、「毎年結婚記念日で一目盛りずつ、炎を見ながら愛を・・・」なんて、最初の年だけやりました。それからは・・・だって、一目盛り燃えるのに、6時間もかかるんだもん!

しかしながらこれは、災害時に大きな力を発揮することになります。100時間以上燃え続けるろうそくなんて、そんなにあるもんじゃありません。

停電した瞬間、「ちゃんと準備はしてあるんだよ!」と自慢げに宣言。所が、いざ消えてみると、「ろうそくどこだ?」「マッチはあったかなあ?そういえばライターが」・・・ガシャーン!(何かをひっくり返した音)

そしてやっとの思いで点灯したのが・・・
Img_7605_2ここにたどり着くまでに、多くの「被害」を出しました。

ろうそく、マッチ、懐中電灯は、暗闇でも分かる場所にまとめておいておかなければいけませんね。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

懺悔

中越沖地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。言葉ばかりで何もできない自分を、心から恥じています。

新潟地方、長野地方の方々が、恐怖の状態にあったであろう同じ時間帯に、僕は、僕は・・・何という恥知らずな行動をとっていたことでしょう。

実は、1ヶ月ほど前に僕は「折り畳み傘」の袋をなくしてしまったのです。小心者の僕は、そのことをとても心に病んでいました。そして、思いつきました。「買えばいい!」

娘の助言で、まず「100均」に尋ねました。「扱っておりません」の答。次に、「東急ハンズ」に尋ねました。「1種類だけあります」・・・さすがハンズ!でも、連休中に横浜まで出かけることははばかられました。

勇気付けられた僕は「港南台高島屋」に電話しました。「ございます」・・・すぐに出かけました。でも、デザインが余りにも女性的で、しかも1300円と高価なものでした。僕の傘は、「ユニクロ」で買った500円のもの。娘は、「傘、買えば?」というのですが、それだけはできません(きっぱり)。

そんなつまらない葛藤の後家に帰り、テレビをつけました。そして皆様の苦しみを知りました。ごめんなさい。もっと意味のある時間を過ごすことを今誓います。

| | コメント (0)