2013年5月20日 (月)

またまた三崎港へ

2日前にサイクリングで行った三崎港に、今度は家族でドライブしてきました。

2日前は鎌倉からずっと渋滞していましたので少しためらいましたが、「混んでいてもみんなで車に乗っていれば、それだけで楽しい」という妻に絆され(?)て出かけました。

スマホの「渋滞情報」のアプリでは、「渋滞なし」と出ています。半信半疑ではありましたが・・・見事にスムーズに進むことができました。文明の利器を利用しようというのですから、信じなければいけませんね。

Img_2038
港周辺の食堂も、今日は行列なしで入れました。僕が選んだのは「珍味セット」。ビールが進みました。

帰りは鎌倉日は行ったところで渋滞してしまいましたので、車を降りて、しばしウオーキング。食べ過ぎによるカロリーを少し消費しました。

Img_2045
なかなかいい休日の過ごし方ができました。

「連休の最終日は、観光地は比較的すいている」ことをよく覚えておこう!

|

2012年2月10日 (金)

湘南プチ・ドライブ

車が新しくなって2週間経ちましたが、妻は「一度教わってからでないと、恐くて一人で運転できない」と、まだ乗っていませんでした。

今日の午前中、妻が休みでしたので、僕が助手席に乗って教えながら、妻が初めて新車を運転しました。

…といっても、基本的な運転の仕方は変わりませんし、車のサイズも前のものと変わりません。でも、キーを使わなくても運転できるとか、ギアの位置が違うとか、バックするときにモニターに後ろの様子が写るなど、いくつか今までなかった機能が加わり、僕自身まだ慣れないほどです。

せっかく妻の「初ドライブ」ですから、車をピカピカに磨きます。そして、まずよく行く洋服屋さんのある藤沢へ。そして買い物を済ませて腰越から海沿いの国道134号線に出ます。

R0013190
車道を走る「江ノ電」です。少し緊張します。風はかなり冷たいのですが、海にはたくさんのサーファーが“浮かんで”います。波は穏やかなようです。

R0013191
稲村ケ崎から由比ガ浜へ向かうところです。あんまりいい写真じゃありませんでした。この時お昼少し前。

「どこかでランチを」とさまよいましたが、結局帰り道の途中にある「五右衛門」というレストランで、パスタとピザのランチにしました。

なかなか充実した“プチドライブ”でした。

| | コメント (0)

2010年4月29日 (木)

三崎でマグロ!

今日は4月29日、かつての「天皇誕生日」。「みどりの日」(なんのこっちゃ?)そして現在は「昭和の日」です。妻は午前中だけ出勤でしたが、午後には帰宅し、次女も合流し、3人で休日を過ごすことになりました。

「渋滞しても、パパさえいやじゃなかったら、一緒に車に乗っているだけで満足」なんて言います。「じゃあ」ということで、この時期の恒例になっている、「三崎でマグロ!」に出かけました。

005 鎌倉へ出る道を避け、僕の好きな「鎌倉高校前」ルートを選びました。風が強いせいか、白波の立つ海はなかなかきれいでした。

鎌倉駅に続く「滑川」までは渋滞していましたが、そこから先は快調そのものでした。

008

海沿いの国道134号線を逗子、葉山と過ぎ、京浜急行の終点三崎口駅を過ぎます。道の両側には広大な畑が広がります。特産の大根でしょうか。季節的にはキャベツでしょうか。

そして1時間余りのドライブで三崎港に着きます。三崎産直センター「うらり」の駐車場に車を止めます。

ついたのが4時半、「うらり」は5時までのようです。まずお目当てのマグロを購入します。

「眼肉」(眼球の裏の筋肉、美味いです)、「眼球」「尾の身」などのどちらかというと“ゲテモノ”に加え、「すき身」「赤身」も購入します。

018 買い物の後は食事です。近くのお店に入って、僕は「今日丼」(赤身・中トロ・イカ・イクラが酢飯に乗った丼)、次女は「A丼」(赤身とイクラの丼)、妻は「ほほ肉のタツタ揚げ)。どれもおいしかったです。

帰りも快調なドライブでした。親子で、夫婦で、しょうもない話や、もっとしょうもない話をしながら楽しく過ごしました。

024

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

パーク&ライド

19日の金曜日、僕は関内ホールで行われた「高校入試報告会」に出席しました。模擬テストの会社が、あらゆるデータを駆使して、今年の高校入試を分析した結果を説明してくれます。ありがたいことです。

我が家から「関内ホール」に行くには

1.家ー徒歩3分→バス停ーバス10分→大船駅ー徒歩3分→ホームー電車20分→関内駅ー徒歩10分→関内ホール(交通費は往復960円)

または

1.家ー車40分→駐車場ー徒歩5分→関内ホール

のどちらかになります。少し迷いましたが、2番を選びました。渋滞することもなく順調に車は進みます。

でも、以前、関内ホール周辺の駐車場を探して彷徨ったことがあります。駐車場自体はあるけれど、ワンボックスカーが入れないものや、入れても台数が少なくて満車のところばかりだったのです。やっと見つけて入ったら、1時間600円もして、出すときに1500円位払いました。そこが「少し迷った」理由でした。

関内駅の少し手前で何気なく道路の左側を見ました。地下鉄の駅の入口があります。そしてその隣に駐車場。「4時間まで1000円」。迷わず車を入れます。そこから地下鉄に乗って3つ目が関内駅でした。

結局駐車料金は800円、地下鉄がたぶん300円位。観光地などで始まっている「パーク&ライド」をうまく利用できて、なんか満足でした。ある程度車を利用できて、最後の最も混雑したり“彷徨う”ことも予想される部分を避けられてよかったと思います。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

原宿界隈

R0010934車の中から走りながらカメラを向けたのでちょっと傾いてしまいました。

明治通りの、表参道と竹下通りの間の「FOEVER 21」というお店の前です。遠くから見て「何事か?」と思えるほどの人の集まりようでした。

みんなお金が有るんだか無いんだか・・・。僕は無いけど。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

三崎港へ。

5月5日は妻も仕事がお休みでした。「何か考えておいてね」というリクエストにお応えして、「安、近、短」の企画をしてみました。

Rimg00043日に空手をした七里ガ浜を通り、鎌倉から逗子へ抜けます。そして海沿いをどんどん三浦半島に沿って進みます。


Rimg0010途中、海風にさらされて朽ちてしまっているような蔵造りの建物を見つけました。外はぱらぱら雨が落ちてきましたが、窓を開けて写真に収めました。


Rimg0018三浦というと大根、スイカ、そしてこの時期はキャベツなのでしょうか。一面に実っています。

同じようなことを考える人が大勢いたようで、三浦港の手前から渋滞が始まりました。それでも急ぐわけでもないし、家族ですからおしゃべりしながら少しずつ進みます。途中コンビにもたくさんあって、トイレにも困りません。本当に、助かります。

Rimg0038駐車場に車を止めます。入るときに300円支払うのですが、「産直センター」で買い物をすると、キャッシュバックされます。いい仕組みだと思います。

お目当てのマグロを物色します。まず、「眼球の裏の筋肉」。いきなりマニアックですが、これが美味いんです。前回初めて食べてハマりました。そして頬肉、中トロの塊。ついつい財布の紐が緩みますが、このためにきたのですからね。

遅めの昼食は道沿いに並んでいるマグロ料理の店の中から、「三崎海楼」を選びました。雨の中少し待たされましたが、二階の海に面した席に通されて、待った甲斐がありました。

Rimg0044これは僕が注文した「マグロユッケ定食」。他にマグロの角煮、塩辛、胃袋の燻製が付いて2520円。メインのユッケは絶品でした。いくらでもご飯が食べられそうでした(2杯でやめましたが)。付け合せの小鉢はあまりにも小さくて、味わうまでいかなかったのが残念でした。

妻は「マグロの煮付け定食」、次女は「いくら丼」を注文し、例によってシェアしながらそれぞれの味を楽しみました。なかなか満足。

帰りは車の流れが“ピタ”っと止まり、あきらめてUターンする車も続出。僕は他に道を知らなかったので、おとなしく進むのを待ちました。4~5キロの渋滞だったでしょうか? その間、「あ、“あわび最中(もなか)”だって!買うから止まって!」と妻が叫びます。平凡な和菓子屋さんでした。

帰ってくると、「な~んだ、『あわびの形をした最中』だって、残念!」。「だって、“かわら煎餅”は、『かわらの形をした煎餅』でしょ。それに、『あわびが入った最中』なんて、欲しかったの?」と聞いたら、返事はありませんでした。もしあったら、高かっただろうな、よかった。

Rimg0047これが噂の「あわび最中」。もろ、普通の最中でした。おいしかったけど。

行きは2時間ほど、帰りは3時間ほどかかった、「安、近、“長”」なドライブでした。ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

小田原の休日

今日は「昭和の日」。以前は「天皇誕生日、そして「みどりの日」となりました。特に予定は決まっていなかったのですが、今まで美味しくいただいていた「紀州南高梅」がなくなったので、小田原まで梅干しを買いに行くことにしました。「せっかく地元に梅の産地があるのに」と先輩に言われていたのです。

Rimg0015ネットで道路情報を調べると、一般道はどこも空いているとのこと。車で国道一号線をひたすら西に行くことにしました。「西湘バイパス」という、景色のいい道もあるのですが、なんとなくこんな天気のいい日には混んでいそうな気がしたのです。

大磯あたりの松並木です。いい感じ。

Rimg0017小田原の「勉強の店、酒井商店」だって。うち、ここだっけ?

小田原駅近くに車を止め、やはりネットで調べておいた、梅干しの老舗「ちん里う本店」に行きました。

Rimg0025あんまり高級そうな店構えで入るのを躊躇ってしまいましたが、「せっかく来たのだから」と意を決して入りました。いつも買っているのは、塩分8%とか、せいぜい10%のものですが、お店の人によるとそれらは「本来の塩だけで漬けたものではなく、いろいろなものが入っていて、冷蔵庫でなければ保管できません。ここあるのは一番薄塩のものでも12%で、それでも塩だけで漬けてあります」「塩分摂りすぎにはなりませんか?」「梅干しになることによって、塩化ナトリウムがクエン酸ナトリウムに変化して、健康問題における『塩分』とは違うものになりますから、これで『摂りすぎ』にはなりません」と説明してくださいました。

毎朝食べるための600グラム入りのものと、焼酎に入れるための塩分20%の「つぶれ梅」(ちょっと安いもの)を買いました。

お昼を食べた後、もう少し箱根寄りに進みました。鈴廣かまぼこ博物館に寄りました。本当は隣のお店でおみやげを買おうと思ったのですが、博物館にはいるとすぐに「ちくわ作り体験」をしているのが目に入り、やってみたくなりました。

魚の身がこねてあるものをただ竹の棒に巻き付けるだけのことですが、なかなか面白かったです。

Rimg0030これが、


Rimg0038こうなりました。


食べるのが楽しみ。お仕事をしている妻へのおみやげです。

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

僕って、意外と、方向音痴みたい。

うすうすと感じてはいたのです。結構迷うのです。でも認めたくはありませんでした。「どうにかなるさ」と出かけて、結局「どうにかなった」のです、これまでは。そうすると、そこへ辿り着くまでの苦労は棚に上げて、「着いた!」ということで片づけていたのです。

今日は参りました。東京都心のとある場所に出かけました。これまでに3度も行ったことのある場所です。でも、考えてみると、これまで一度も同じルートで辿り着いていなかったのです。つまり、毎回「迷ったあげく」または「結果オーライ」ということだったようなのです。

今日はそんな予感があったからか、出かける前にしっかり地図で確かめて、地図をプリントアウトまでしていきました。それなのに、ああ、それなのに。

まず、首都高速の出口を一つ飛ばしてしまったようなのです。でも、見覚えのある名前の出口で降りました。そこから僕の冒険が始まりました。「日本橋」「兜町」「築地」「茅場町」…どんどんあやしくなってきました。ついには大きな端を渡り、「葛西」という地名が出てきました。「ヤバイ、ディズニーランドへ行っちゃう」と、一気にUターン。1時間後ぐらいに、最初に首都高速を降りた場所に戻りました。

ここで、車を左側に止めて深呼吸。携帯でインターネットにつないで、地図を確かめました。縮尺を大きくしていくと、「あった、ここだ!」とばかり発車。結局そこから10分ほどで目的地に着くことができました。

そして、帰りは、食事をして、1時間で着くことができました。ふ〜〜〜。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

三崎のマグロを求めて。

日曜日は空手の日なのですが、少年部の合宿がおこなわれている関係で、一般部の稽古はお休みになりました。

「そういえば、パパの休みがなかったから、最近ドライブに行ってないねー」と妻が言います。

確かに、買い物などで二人で車に乗ることは多いのですが、「ドライブのための」旅行はしていなかったのです。

そこで、「マグロを食べに三崎港に行こう!」と言うことになり、今日の午後出発しました。

Img_7568鎌倉高校前のお気に入りのスポットを通り、海沿いの国道134号を左折。夏休みの、それも日曜日、晴天の湘南の海岸通りはかなり渋滞。でも、「急ぐわけではないから」「私はキョロキョロできて、この方がいい」と、妻はかなり上機嫌。

Img_7578鎌倉から逗子、葉山をずっと海岸線に沿って進みます。この辺まで来ると、逆方向の、家路につく方向の道の方が込んできました。僕の車はスイスイ。この写真の奥に小さく見えるのは、有名な「裕次郎灯台」です。

さらに進み、三崎港の「お魚センター」のような所で、いろいろな種類のマグロを買いました。「目玉の裏の筋肉」「ほほ肉」「マグロまん」「マグロのパイ包み」などなど。

Img_7590〆はマグロ料理。「マグロ料理・立花」に入りました。
これは僕が食べた「上トロマグロ丼」。しっかり脂がのって、結構なお味でした。

Img_7591これは妻が食べたにぎり寿司、ほほ肉の陶板焼き、マグロのスペアリブのセット。これも少しずついただきましたが、とても美味しかった!

この店は民宿も持っていて、「今度は泊まって、ゆっくり食べたいね」という話になりました。あくまでも「話」だけですが・・・。

帰りは横浜横須賀道路を通って帰り、8時には帰宅できました。

明日から「夏期講習」。10時から10時までの授業が、数日の休みを除いて夏休みいっぱい続きます。頑張ります。

| | コメント (2)