2009年7月17日 (金)

茅ヶ崎市美術館「茅ヶ崎美術家協会展」

Img002「たまたま会」のメンバーで、この春地元の千秀小学校を退職された磯部正勝さんより、茅ヶ崎市美術館で行われている「茅ヶ崎美術家協会展」の案内をいただきました。せっかくのお誘いでしたから、妻と共に出かけました。

磯部さんは、プロの画家としての顔もお持ちで、定期的に“大作”を発表されています。勤めておられた小学校のあちこちに、風景を描いた油絵などが飾ってありました。

夏本番の茅ヶ崎ですから、天気がよければ海沿いの国道134号線は大渋滞するところです。でも、僕にとっては幸いなことに、雨模様の天気で道路はガラガラ。1時間の予想で出かけたら、30分で着いてしまいました。

海の近くに車を止めて時間を潰し、10時の開館とともに美術館に入ります。半分は協会員(プロ?)の作品で、残り半分は公募に入選した作品です。

僕のように芸術を解さないものにとっては一見難解な作品もありましたが、どれもじっくり見るとどんどん味わいが出てきますから不思議です。磯部画伯の作品は、イタリア・ナポリの街角の日常を描いたものでした。作品を見ているとその人がらがにじみ出てくるように感じられて、これまた不思議な体験でした。

雨の中でしたが、海沿いの道をドライブできて、なかなかいい午前中の過ごし方でした。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

東京国立博物館・平成館「国宝・阿修羅展」

Dcf_0024_2 朝日新聞奈良総局の小滝ちひろさんが「特別内覧会」に招待してくださいました。着慣れないスーツを着て妻とともに出かけました。

このところの寒さが少し和らぎ、一気に桜が咲いたのでしょうか。上野公園は花見客でいっぱいでした。平和、平和。

2時の開会式には招待客で館内に入れないほどでした。主催の国立博物館、興福寺、朝日新聞、テレビ朝日の代表によるご挨拶、テープカット(はじめて立ち会いました)に続いて会場に入りました。

3つのステージに分かれた展示は、本当に見ごたえがありました。数々の国宝が、手を伸ばせば触れられるようなところに展示されています。

仏像など、普段興味を持つものではありませんが、こうして見せられると圧倒されてしまいます。本当にいい機会を与えていただきました。

「身長180センチの丸刈り」とだけ知らされていた小滝さんの風貌ですが、とうとう見つからず、教えられていた携帯の番号に電話しました。そして、初対面。何度もメールのやり取りをして「知り合い」になっているような気持ちでいましたが、なかなか感動的な対面でした。「いつか一緒に稽古を」と話し合いました。ぜひ実現させたいです。

Rimg0001 “おみやげ”にいただいた「図録」で、もう一度見てきたものをしっかり確認します。

今度はきっと奈良でお会いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

放送ライブラリー

セミナーが開かれたのは、横浜情報文化会館の「ホール」でしたが、ここには他にいろいろな施設が入っていました。

その一つが「放送ライブラリー」。

館内に入り、まずコンピュータの端末で個人情報を登録。そして、これまでテレビで放送された番組の中で「もう一度みたい」というものを検索します。試しに「吉田拓郎」をキーワードにして検索してみました。1件ヒットしました。10年ほど前の「紅白歌合戦」です。

その結果を持って受付に行き、番組を見るためのブースに案内されます。一人分〜三人分のスペースで区切られた区画が、60(100人分)あるそうです。小さなモニターにその「紅白歌合戦」が映し出されます。懐かしく見せてもらいました。

試しに、昔見た「リブヤング」や「ぎんざナウ」「スター千一夜」で検索してみましたが、残念ながらヒットしませんでした。古いものは30年以上前のものもあるそうなのですが、スポンサーなどの関係から、見られないものも多いということです。

こちらで見ることができる番組が検索できるようなので、またゆっくり行ってみようと思います。

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

横浜美術館

Img616日曜日の午前中は、立川の佐藤塾本部道場で空手の稽古です。本当に暑い中、「熱い」稽古をつけていただきました。

今週は、「第2道場」を途中で失礼して、横浜美術館で家族と待ち合わせました。長女の写真が展示されている(予定の)「アラーキーの横浜美女100人撮り」を見るためです。

東横線から直結している「みなとみらい線」の「みなとみらい駅」の改札を出て右にいくと、「美術館口」というのがちゃんとあり、アクセスはとても便利です。

ありました、ありました。写真撮影はできませんからお見せできなくて残念ですが、新聞紙を広げたぐらいの大きさにプリントされた女性の顔が100枚! あなかなか圧巻でした。一番下の段の左から3番目が僕の長女です。お時間がありましたら、ぜひお出かけ下さい。もちろん美術館は、これ以外にも常設の展示があり、お好きな人には楽しめると思います。

実は、肝心の長女は美術館に間に合わず、その後、ランドマークタワーの地下にある「ハードロックカフェ」での食事に合流しました。ここの店員さんが衣装一面につけていたのは、
Rimg0001こんなバッジで、僕も隣のお店でいくつか購入しました。これからここに行くたびにに集めようかな。Gジャンを着る季節になったら付けようと思います。

| | コメント (1)

2008年7月24日 (木)

アラーキー

写真家、荒木 経惟(アラーキー)による、「横浜美女100人撮り」という展覧会が、横浜美術館で開かれています。

実は、事前に「モデル」の募集があり、僕たち家族4人は応募していました。そして、なんと、一番やる気がなかった長女だけが書類審査を通り、先日撮影してもらってきました。

その美術展が現在開催中(〜8/17)です。僕たちもまだ見ていませんからどんな感じで展示されているかわかりませんが、お時間がありましたら、ぜひお出かけ下さい。もし、僕の長女が確認できましたら、教えて下さいね。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

十時孝好の世界

Img567天気がよかったので、歩いて10分ほどのところにある、「山の上ギャラリー」で開かれている「十時孝好の世界」という展覧会を見に出かけました。

身近な動物を描いた絵、彫刻など、一風変わった不思議な世界でした。

「山の上ギャラリー」は、古民家を移築した、これはこれで趣のある建物で、この建物を見るためだけに出かけることもあります。

Img568デジカメが壊れてしまい建物は撮影できませんでしたので(中は撮影禁止)、改めて出かけようと思います。

| | コメント (0)