2008年7月14日 (月)

ギャンブルではなく、「ゲーム」

Image075_2いやあ、久しぶりでした。

日曜日の空手の練習を終え、先生・先輩と食事をしていました。
僕と先生は、数年ほど前までは定期的に「卓を囲む」ということをしていました。もっとも、週に一度から、月に一度、季節に一度、最後の方は年に一度というふうに、頻度は随分少なくなってはいました。

この数年は、日曜日に必ず空手の練習をするようになり、時間的にも気分的にも麻雀という気分にはなりませんでした。

それがひょんなことから、「学生の頃はよくやりました」「私はいつもネギしょっています」という話になり、「じゃあ、これから」ということになりました。

あまりに意外な展開に笑いをこらえながら向かったとある雀荘。レートは学生の頃の半分。「ギャンブル」ではなく「ゲーム」でした。それはそれでとても和やかで、気楽な時間でした。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

将棋

Rimg0098我が家では、誰が食事の後片付けをするかをゲームで決めることが多いです。以前はトランプの「大貧民」で決めていて、トランプがぼろぼろになったものでした。

最近はあっさりと「じゃんけん」で決めていました。

土曜日の夕食は次女と二人の焼肉で、油っこい洗い物が多かったことから、「荒いものは?」「どうやって決める?」となり、「将棋!」となりました。将棋は僕もあまり強くなく、なかなか伯仲した戦いになります。

勝ってよかったです。

| | コメント (0)