2012年10月 5日 (金)

鎌倉女学院中学校

2日連続の学校説明会、それも、2日連続の「湘南」です。

気温は真夏よりは幾分低めですが、日差しは真夏のそれです。そんな中鎌倉女学院の学校説明会に行きました。ここも校内には車は入れませんので、すぐ近くのコインパーキングに車を止めました。

Img_1251
数年前に、「創立100周年」を迎えられ、それを機に全面建て替えを行ったということで、中も外もピカピカの、素晴らしい校舎でした。

Img_1252
「The Child is father of the Man.」(子どもは人間が人間たる源のもの:筆者訳)

この学校は鎌倉駅から徒歩5分、海岸まで徒歩10分という、まさに「1等地」にあり、名門女子高として通っています。さかい塾からも何人か進学しています。説明会は、そんな自信に満ちた、威厳に満ちたものでした。

昨日の教訓(?)を生かし、今日は着替えを持って出かけました。

説明会終了後、車の中で、こんな格好に早変わり!

Img_1257
すっかり海モードです。車は駐車場に止めたまま、海岸まで歩きました。道の両側には、何棟もマンションがあり、「いつかこんな所に住むのもいいかな」と思ったりしました。

Img_1275
たぶん、今年の「初(はつ)海」です。気持ちよかった!

Img_1267
いい感じの1枚、撮れました。

|

2012年10月 4日 (木)

湘南工科大附属高校

湘南工科大附属高校の塾対象学校説明会に行ってきました。ここは校内に車を入れさせてくれませんので、前回行ったときと同じく、近くにあるスーパーの駐車場に車を停めさせてもらいました。

この学校は(僕のイメージでは)中堅の公立を第一志望にする生徒の「滑り止め」にすることの多い学校です。それでも、「湘南」というイメージ、大学の付属高校ということもあり、根強い人気を保っています。

Img_1236
少子化、不景気ということで、どこの私学も独自色を打ち出して、一人でも多くの受験生、新入生を迎えようと頑張っておられるのがわかります。

説明会の後、車を止めたスーパーでお酒を2本買い、車を出します。「家へ帰る」とナビをセットすると、海沿いの国道134号線を通るルートが出てきました。夏に逆戻りしたような晴天でしたから、少し遠回りして、一人ドライブを楽しみました。

Img_1241
太平洋の沖合を台風が通過中ということで多少波はあったものの、海岸はとても気持ちよさそうでした。

Img_1244
鎌倉高校前の海岸です。海、サーファー、江ノ電・・・鎌倉の「三種の神器」(?)僕もいつか「サーファーデビュー」したくなりました。

このあと由比ガ浜を通り、ゆっくり家路に着きました。今度は自転車で走ろう!

|

2012年6月13日 (水)

高校入試研究会

「神奈川全県模試」でお付き合いのある伸学工房さん主催のセミナーです。

今年、神奈川県の高校入試制度が大きく変わるため、生徒や保護者は不安に思っていると思います。

「できる子が受かる」というのは変わらないはずですが、不要な不安は取り除いてあげたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

入口に「簾(すだれ)」

教室には、南側に出窓(縦120センチ、横180センチ)、西側に窓(縦90センチ、横180センチ)があります。さらに勉強部屋との境の壁を畳めば、北側と東側にも腰の高さからの窓があります。

夏の暑い時はエアコンをつけますから気にならないのですが、今の時期の、爽やかな風が吹く時期に、「何か、風の通りが悪いなあ」と感じていました。

残る場所は、入り口の引き戸ですが、ここには網戸がないし、開け放しておくわけにはいきません。

そこで・・・

R0013457
簾(すだれ)。部屋が洋風なのか和風なのか分からなくなっちゃいましたが、悪くないと思います。

R0013458

虫の侵入が多少心配なので、アースの「バポナ」というものをつるしてみました。

これで教室に爽やかな風を取り込めるでしょうか? かなり期待しています。

| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

公文国際学園

公文国際学園で行われた「学習塾対象入試報告会」に出席してきました。

この学校は、我が家(塾)と同じ町内に、ちょうど20年前に創立しました。ちょうどその頃に地元の子ども会の会長をしていて(いろいろやっているのです)、子どもたちを連れてできたばかりの学校を見学させていただいたことがあります。

その頃はわが子は小学生でしたから、ずいぶん前のことです。

また、地域活動で、講堂をお借りしたこともありました。地元に対してはずいぶん寛容で、とてもよくしていただいています。

Img_0825
さかい塾からはまだ一人も受験していません。レベルはとても高く、この春は8名の東大合格者(現役)を出したそうです。

寮があるなど、独特の教育方針をお持ちのようで、ぜひ勧めたい学校です。入試も、いくつかの選択肢があり、1科目で受験することもできます。

・・・何か、話がまとめられないなあ・・・でも、終わり。

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

M実ちゃん、ありがとう!

5年生で塾に入って、この春見事に第一志望の高校に合格したMちゃんが、お母さんとともに「お世話になりました」と挨拶に来てくれました。

M実ちゃんのお姉さん(M央さん)も、中3まで通ってくれました。

この学年とは何となく別れがたく、入試が終わってからも土曜日の夜に一緒に勉強していました。でも、間もなく高校に入学しますから、なかなかみんなが同じ時間に集まることは難しくなると思われ、「授業」という形は先週で終りになりました。

それでも、「土曜日の夜は空いているので、学校帰りでも、部活帰りでも、時間があったら勉強しに来て」と伝えてあります。3月から月謝は貰っていませんし、これからももらいません。

R0013393
「利きビールセット」と、ジョッキをいただきました。

R0013394
ジョッキは、M実ちゃんが“吹いて”作ってくれたのだそうです。底の方に、淡い色のきれいな模様が入っています。

今晩、さっそくこのジョッキでビールをいただきます。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

サクラサク

今日の公立高校合格発表をもって、今年度の「受験」が終わりました。

結果は…全員が「第一志望」に合格しました。ホッとしました。

10時過ぎから続々と合格の知らせが入り、僕を喜ばせてくれました。

「先生のお陰です」なんて嬉しいことを言ってくれる子もいたけれど、ちがうからね。「君の努力のお陰」だからね。

みんな、おめでとう!

R0013209

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

平凡ながら充実した年末年始

2012年、平成24年が明けました。このブログを読んでくださっている方々におかれましては、健やかに新年をお迎えのことと、謹んでお慶び申し上げます。

この年末年始、なかなかブログの更新はできませんでしたが、平凡ながら充実した日々を過ごすことができました。

12月29日、さかい塾クリスマス会。

R0013070
こんな生徒とバドミントンを楽しみ、

R0013061
時に審判もしながら、精一杯生徒たちにサービスしたのでした。

R0013100
元日は、高尾山蛇滝にて、「滝浴び」。

R0013140

今年も「最高の新年の迎え方」をすることができました。

つづく。

| | コメント (0)

2011年11月30日 (水)

神奈川県高校入試最終展望

11月30日午前10時より、JR東神奈川駅近くの「かなっくホール」において、「神奈川全県模試」を運営している伸学工房主催のセミナーが行われ、参加してきました。

R0013025

公立高校の入試は2ヵ月半後に迫っているのですが、夏休みを除けば、生徒は学校の定期テストのための勉強、学校行事などに追われて、あまり「受験生」という実感がなかったのではないでしょうか。

それでも、実質最後の定期テストが終わり、あとは入試に向けての勉強になります。塾では、日々の勉強にも、少しでも「受験勉強」の要素を絡めて、いつもいつも「受験」を意識してもらおうとしてきました。

いろいろなテクニックだの、勉強の要領だの、巷では「いかにも」というようなものがあふれています。本屋さんにも、「10日で完成」みたいな問題集が並んでいます。

そんなはずないです。10日で受験勉強が終わったら苦労しません。

力のある人、できる人がいい点取れるんです。(「いい点取ること」が目的だとして) 問題を解くための、本当の力をつけるんです。過去問だけできても本番はできません。

「面接対策」みたいな本も、生徒が少しでも安心できればと思って買ってきました。でも、「本当のことを、誠実に、はっきりと伝えれ」ばいいんです。テクニックなんて要りません。しいて言えば、清潔な服装と髪型で行くことかな。

僕の仕事は、「みんながしたいだけ勉強できる場を提供する」こと。そしてそれに精いっぱい付き合うこと。

| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

教室のお花

月に2度、「ナカムラ生花」さんが切花を届けて下さいます。

今回は「ピンクッション」と「リューカデンドロン」です。どちらも初めて聞く名前です。

R0012297 「ナカムラ生花」さんから配達に来てくださるのは、若い男性お2人です。お店は60歳代と思しきご夫婦が切り盛りされているので、息子さんたちでしょうか。

お花を届けてくださりながら、何気ない会話を交わしますが、なかなか楽しいひと時です。

いろいろと経費節減をしていかなければなりませんが、「お花」は最後までとっておきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧