2011年3月 9日 (水)

確定申告終わりました!

このところの「憂鬱なこと」の一つにこの「確定申告」がありました。

毎日ちゃんと帳面をつけてお金の出入りを記録すればいい・・・ことはずいぶん前からわかっているのです。でも、それができないのです。

かろうじて月ごとに集めた領収書を一つ一つエクセルに打ち込んでいきます。科目も日付もバラバラです。

預金通帳で、銀行引き落としになった経費を一つ一つ拾って記録します。

クレジットカードの請求書で、関係のあるものを拾って記録します。

近頃はこのように「記録」が残りやすくなっているので助かります。ここまでいけば終わったようなもの。あとは「エクセル様」が大仕事をやってくれます。

日付順に並べ替えます。科目順に並べ替えます。そして月ごと、科目ごとに合計を出します。さらに全部の合計を出します。これが合えば僕の仕事は終わり。

これをプリントアウトして妻に渡します。この経費の金額と、塾の収入をあれこれ計算して納める税金を算出します。払うものは払います。少ないですが。その上でいろいろと意見させていただきます。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

保険の見直し

生命保険、医療保険、ガン保険を見直しました。各社の保険を扱う代理店を経営する、友人のSくんを通じて、アリコの保険に入っています。昨日、わざわざ大船まで来ていただいて、駅の「スタバ」でいろいろと説明を受けました。

「アリコ、大丈夫なの?」から始まり、保険金額と保険料のバランスを考えて、いろいろとシミュレーションしてもらいました。

今の保険に入った時期は、子どもがまだ学生で、「万一」に備えての保証の大きい物にしていました。また、自分がガンになるかもしれないことを真剣に心配していましたから、ガンになった時の保証の大きいものにも入っていました。それでいて、年齢が上がった時にどうなるのかについては、あまり深く考えていませんでした。

子どもたちが独立した今、「死んだ時」の保証よりも、「死なないで病気になった時」に備える方が大切だと思えてきました。たまたま身近に、そんなことを考えさせられるきっかけがあったのです。

そこで、今回の見直しの柱は、「一生続く医療保険、ガン保険」です。この年でまた入り直すとなると保険料はそれなりに張ってしまうのですが、その分を、他の「万一」の部分をやめたり減らしたりすることで調節しました。「60くらいで死ぬことはないだろう」とは思うのですが、そんな「万一」に備えるのも保険ですから、難しいです。また、百万単位、千万単位の金額を見ていると、まるっきり感覚が麻痺してきます。「5百万か、安いなあ」なんて・・・。

決して安い保険料ではありませんが、なんとか心配事を一つ減らすことができました。死なない、病気にならないことに気をつけることが先なんだけど。

| | コメント (0)

2008年5月 9日 (金)

ポイントカード、また2枚作っちゃった

1枚目は、駐車場。藤沢でいつも利用していた、元東急ハンズがあった場所の駐車場。5月から「Times」という会社が運営するようになり、「どこでも使える」というポイントカードを勧められ、思わず作っちゃいました。考えてみたら、お金払って駐車場使うことってほとんどないから、ポイント、たまらないね。

もう一つは、スポーツ用品店。今日の買い物の目的は、ランニングする時のソックスを買うことだったのです。3足買ってレジへいったら「ポイントカードは?」っていう話になって、「期限もないし、費用もかからないから」ということで、これも作っちゃいました。

今日、たまりにたまったポイントカードの類を整理したばっかりだったのに・・・。実際にポイントを使ったことあるのは、電気屋さん、ジーンズショップ、ガソリンスタンド、スーパー・・・ぐらいだろうか。あちこちに「個人情報」をばらまいちゃうの、ちょっと考えなきゃ。

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

確定申告

僕は小さな学習塾を経営していますから、税制上の区分では「個人事業主」ということになります。従業員は一人もいませんから、僕がすべてのことを行います。授業、買い物、掃除、そして事務もです。

3月のこの時期は「確定申告」の締め切りが近くなり、とても焦ります。毎年、「今年こそは毎月きちんと帳面をつけよう」と決心するのですが、3月ぐらいで挫折することが多いのです。今年もそうでした。

引き出しと、そこからあふれて紙袋に入った領収書を月ごとに分け、エクセルに科目別に打ち込みます。これは自分でします。12月まで打ち込んだあとでそれを科目ごとに並び替え、集計します。これらは全部エクセルがやってくれます。ありがたいことです。

収入と経費の差額が僕の給料ということになり、それらといろいろな控除などをあれこれ計算して税金の額が決まります。

大きな事業所ではこういうことをプロに任せるでしょうが、その分費用がかかるはずです。サラリーマンの方々は、毎月の給料から天引きされるので、計算する手間はありませんが、“加減”ができない分ちょっと可哀想な状況だとお察しします。

今日、「帳簿つけ」が終わりましたから、最後の細々とした計算が残るのみです。これは、そういったことに多少心得のある妻がやってくれます。いろいろな控除が見直されたこと、妻が専業主婦でなくなったことなどから、ちょっと心配ですが、まあ、もとが少ないですから・・・。

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

②お金がたまる?

空手の先輩の一人が、週に一度ぐらいのペースでメールを配信しています。『蛇足メール』という名前で、格言、名言、雑誌などで気になった記事などを紹介してくださいます。

最新のメールから

『お金がたまる』お父さんの小さなクセ7つ」というのを見付けました。そ
れは....
クセ1 路上でティッシュをよくもらう
クセ2 エスカレーターよりも階段を使う
クセ3 視線が上向きである
クセ4 早食いである
クセ5 陽気でハッピーである
クセ6 習慣化が得意である
クセ7 人のために労力を使う
...です。
(プレジデント2006.7.3号の70ページより)

ということでした。僕に当てはまることがいくつかあったので、少し気になりました。

1.路上で配っているティッシュは、必ずもらいます。
2.エスカレーターは使わない努力をしています。でも、階段がない場合もあるんです。
3.「楽観的」と同義であれば、そうです。
4.早食いです。妻にいつも注意されます。
5.これは、自分では分りません。
6.習慣化?もし、「毎週必ず同じ店でうどんを食べる」というのがそれに当てはまるとしたら、そうです。
7.人のためにも労力を惜しまないように努力しています。

「お金をためる」ことを人生の目標にはしていないけれど、「お金がたまる」のは悪いことではありませんね。ぜひ、そうあってほしい!

| | コメント (2)

2006年6月 5日 (月)

コストパフォーマンス

僕は、何でも「安ければいい」と思っているわけではありません。かといって、「高いからいい」とも思っていません。ただ、高いものにはそれなりの理由が、安いものにも理由があるだろうとは思っています。

塾をやっていて、一番お金がかかるのは、教材です。これはけちりません。高かろうと、安かろうと関係なく、いいものを探して買います。同じものなら、買いたいと思う相手から買います。いくら“おまけ”してくれるからといっても、いやな相手からは買いません。

次に高額なのが、コピー機の維持費です。機械自体は、月々いくらで、5年間のリースです。次に誰(どこ)と契約するかは決めていません。僕に「売りたい」と思う人が、売り込みに来るでしょう。来なければ来ないでかまいません。

コピーを維持するために「トナー」というものが必要になります。黒い粉で、これを紙に吹き付けて印刷するわけです。純正品は、一つ、3万円します。この3万円で何ができるか、高いのか安いのかはこの際置いておきます。

純正品ではなく、「再生品」を買うと、8千円です。もちろん新品と中古の差がありますから比較は難しいのですが、ここ何年かずっとこれを使ってきて、僕の印象では「まったく差はない」です。一度不具合が出たことはありましたが、連絡したらすぐに代替品を送ってきました。

いろいろ考え方はあるでしょうが、毎日100枚単位でコピーをとる僕としては、とてもありがたい商品ではあります。

| | コメント (0)