2009年9月 7日 (月)

象のはなこさん

Onetwo日曜日は空手の日です。今週も立川の佐藤塾本部道場で佐藤塾長よりみっちり稽古をつけていただきました。外はもう秋のさわやかな風が吹いていましたが、道場は・・・倒れそうでした。

Shugo稽古終了後、佐藤塾長が「みんなで写真を撮ろう」とおっしゃってくださり、記念にパチリ! 実は、今回の稽古は「300回」の記念の稽古だったのです。実際には303回目でしたが、佐藤塾長にお願いして、この日、ビデオと写真の撮影を許していただきました。

ところで・・・

道場に掲げられている「信頼と感謝」の文字、どなたがお書きになったかご存知でしょうか。多くの塾生の方々はご存知でしょうか、恥ずかしながら僕は知りませんでした。

この書は、彫刻家・北村西望さんの作品です。北村西望さんと聞いてもピント来ない方には、「長崎平和祈念像」の作者というと、「ああ、あの!」となるかもしれません。文化勲章、紫綬褒章などを受章したこの大家の102歳のときの書だということです。(享年は104歳とか)

稽古後、筒井先生、一緒に稽古をした先輩たちが、「300回」を口実に飲み会を開いてくださいました。稽古には出席できませんでしたが、これまでずっとご指導いただいている小林先輩も合流してくださいました。

Dscf0357_2ビデオの撮影のために一緒に来ていた次女のため、「保育士なら、見ておかないと」ということで、井の頭自然文化園に案内してくださいました。ここには「象のはなこさん」が元気にみんなを楽しませてくれています。歯はもう無くなって流動食で生きながらえているそうですが、まだまだ元気そうでした。

そしてこの場所に、北村西望さんのアトリエが保存されているのです。「佐藤塾に行ってんなら、こういうことちゃんと知らないと!」という小林先輩の配慮でした。ありがとうございました。

| | コメント (0)