2011年6月13日 (月)

たまたま会

地元の千秀小学校に娘たちが通っていたころに知り合った先生・職員の方との飲み会「たまたま会」を行いました。

た:僕(たかし) ま:青木まつのり先生 た:町田たいき先生 ま:磯辺まさかつさん

あいにく磯辺さんは所用で欠席となりましたが、約1年ぶりの会を、大船の居酒屋「磯小屋」で開くことができました。

お店は何とも“昭和ちっく”な風情で、とても居心地良く過ごせました。飲み放題でしたので、普段あまり口にしない「電気ブラン」「ばくだん」などを試してみました。

肴は海の幸中心の生もの、焼き物、揚げ物と、とてもバラエティに富んでいて、とても美味しくいただきました。Evernote_20110612_210041 「青木先生(左)の退職祝い」が口実の飲み会でした。

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

千歳烏山「広味坊」

空手でご指導いただいている小林治先輩が還暦を迎えられました。それをみんなでお祝いしようと、いつも日曜日にご指導いただいている筒井先生、白石先輩、今は佐藤塾を離れておられる小山先輩(ドクターK)と、千歳烏山駅近くの中華料理「広味坊」で食事をしました。

Img_0448 みんなでプレゼントした「赤い」ポロシャツです。とてもお似合いです。

僕はこのほかに、妻が描いた紫陽花の淡彩画に、「まっすぐ一本道、まっすぐ一つ事」を僕が毛筆(!)で書き添えた額を贈りました。喜んでいただけました。

食事は、本格的な中華料理を、ジャスミン焼酎、紹興酒とともに満喫しました。外は大雨でしたが、時間を忘れて語り合いました。

僕が還暦を迎える8年後にも、また同じメンバーにお祝いしていただければと思います。

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

羊の乳のお酒?

R0011195 空手のU先輩より、「お誕生日のプレゼントに」と頂きました。包み紙に「内蒙古」の文字が見えますから、モンゴルのものでしょうか? 「草原駿馬」の文字も見えますから、「馬」なんでしょう。

これを下さった時に先輩が「羊のお乳のお酒」と説明して下さいましたから、羊なんでしょうか。

馬のお酒も羊のお酒も飲んだことありませんが、今晩楽しんでみます。このお酒はまさか、「魔界への入り口」にならないでしょうね。(わかる人にはわかるはず)

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

新宿「思い出横丁」

R0011062 名前は何度か聞いたことがありましたが、一度も訪れたことがなく、いつか行きたいと思っていた「思い出横丁」に行きました。かつては「○ョンベン横丁」なんて呼ばれていたそうです。

細い路地の両側に、間口の狭い飲み屋さんがびっしり並んでいます。少し圧倒されながら最後までいき、別の通りを通ってもう一度歩きました。

どの店も結構にぎわっていましたが、7人で飲むことになっていましたから、たまたまお客さんが入っていなかった(「ちょうど入れ替わった」とご主人が言っていました)お店に入りました。

のどカラカラ、おなかペコペコでしたから、ビール、焼酎、日本酒を、いろいろな部位の焼き鳥、もつ煮込みなどを肴にどんどん飲みました。

R0011064 同じ道場で、共に空手を修行する人たちです。いやー、みんなお酒強いです。

| | コメント (1)

2010年6月 9日 (水)

仕込み

“1年物”の梅酒のうち、ブランデーで作ったものを昨日いただきました。おいしかった!

妻は「これが一番おいしい!」と言っています。もっとも、毎回そう言っていますけれど…。

R0015060 今日、来年のための仕込みを行いました。ちょっと欲張って、梅が多すぎましたね。

左のものは、ウイスキー(サントリー・ホワイト)、もう一つは白ワインで作りました。酒屋さんに相談したら勧めてくれました。「安い酒をおいしく飲む」というところが、このお酒の「心」かも知れません。

1年後が楽しみです。また“怪しい液体”に育ってくれますように。

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

いい感じで、怪しい!

R0015056 ちょうど1年前に仕込んだ梅酒です。左は「いいちこ」、右は「ブランデー」です。

R0015057 気が付いたら1年を1日過ぎていました。昨日、さっそく「いいちこ」の方を飲んでみました。半年ぐらい経ったときに「天使の分け前」で減った分を補充したことがよかったようで、いい具合にまろやかに仕上がっていました。

今日は「ブランデー」の方を飲んでみたいと思います。

味見したい人は、直接我が家へどうぞ。夜10時半ごろから晩酌が始まります。また、来年の分を仕込まないと!

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

怪しい液体

R0013162怪しい! こういう液体、大好きです。場末の飲み屋さんなんかに時々あるんです。「○×酒」みたいな。中で得体の知れない生き物がうごめいていたり。

それに比べるとこれなんか健全なものです。「ウコン酒」です。空手の先輩に生のウコンを頂いたものを洗って、干して、焼酎を入れて作りました。あまりいい焼酎を使わなかったのでなかなか飲む勇気が出ませんでしたが、昨日飲んでみました。

はじめはストレートで。「おえ!」きつい。お湯で割ってみました。「おえ」感は減ったもののもう一つ。レモンのスライスを加えてみました。なかなかいけます。梅酒と違って砂糖は使っていませんから、カロリーは低いです。結局グラスに3杯飲んでしまいました。(日本酒を1.5合と焼酎のお湯割を1杯飲んだあとです)

後味は意外とさわやかです。なんか、やみつきになりそう!

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

ウコン酒を仕込んだ!

空手の佐藤塾で以前お世話になったT先輩より「ウコン」をいただきました。「ウコン酒」の作り方も教えてくださいましたので、初めて挑戦してみることにしました。

R0013004大小いろいろ、泥も付いているものをまず水洗いします。食器を洗うタワシの硬いところで、表面の汚れも一緒にこそげ落とします。水が冷たくて大変でした。

今度はこれを1センチほどの厚さで輪切りにします。

R0013007これをざるに広げて風に当てます。3日ほど干して、裏返してまた3日ほど干すそうです。ここの所ずっと北風の強い晴天が続いているので、いい感じです。

これを大きなビンに入れて、“好みの焼酎”に漬け込むのだそうです。去年漬けた梅酒が、泡盛でやったらとても美味しくできたので、また泡盛で挑戦しようかと思います。

もっとも、「ウコン酒」は「味わって飲む」ものではないでしょうから、もう少し癖のないものの方がいいのでしょうか? ビンに入れるまでに決めようかと思います。

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

僕としたことが・・・トホホ

Rimg00011年間楽しみにしていたことを、それも、お酒・・・。

昨日で1年を迎えた「久米仙の梅酒」、なんと、飲むの忘れてました。

今日、一通り晩酌を終え、そろそろ寝ようみたいな空気になったときに、「今日何曜日?」と頭をよぎりました。「木曜日・・・水曜日、過ぎてるじゃん!」、梅酒、飲まなきゃ!となりました。

梅酒は、本来、癖のないお酒を使うものらしいのです。だから、「リキュール35度」みたいな、何の面白みもないお酒らしくないお酒を使うようなのです。そこで持ち前の「反発心」というか、へそ曲がり根性で、「泡盛といえば久米仙」みたいなところで、つくってみたいのです。

「まずかったらどうしよう?」と、思わないわけではありませんでした。

前置き長い? 味はどうだったって? 

超美味いんだけど! めっちゃ美味いんだけど! 飲みに来ていいですよ、K先輩!
Rimg0002

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

密造酒?

Rimg0023この怪しい物体を浸けた怪しい液体・・・。今年も「梅酒」を造る季節になりました。スーパーの特売コーナーに「小田原の梅」とありましたから、迷わず2キロ購入。(あとで妻に「こんな高い梅、買ったことない」と叱られましたが)

きれいに水洗いして、4時間水に浸けてアクを取ります。そして竹串を使って梅をきれいに掃除します。瓶の内側を、使うお酒を塗って「アルコール消毒」。

Rimg0022今回はブランデーと「いいちこ」です。ブランデーは以前料理のために買った使いかけがありましたから、それを使って500グラムほど。そして残りの1.5キロほどを「いいちこ」で造ります。

まあ、どんな味になっても“お酒”ですから。今まで「まずい」と思ったお酒、ないし!

去年漬けたものがもうすぐ1年。この怪しさ加減、たまりません!Rimg0011

| | コメント (2)

より以前の記事一覧